借地権相続の可否

借地権は自分の持ち物としての建物を建築するため、別の人から土地を貸してもらう権利のことをいいます。
この借地権に関して、相続は果たして可能なのでしょうか。


結論からいいますが、借地権を相続することはできます。
相続をする権利を持っている人(相続人)が、権利を継承することが可能となっているのです。
つまり、借地権は財産の一つなのです。
また、相続をした際には、借地権は相続税の対象となり、あらかじめ定められた算出法により、課税される金額が計算されることになります。


なお、相続する際に地主に承諾を得る必要はなく、何か手数料のようなものを支払う必要もありません。
借地権と契約の内容は丸々相続人に引き継がれるため、改めて契約書を作成しなくてもいいのです。


また、借りている側ではなく、貸している側の地主が亡くなった場合には、相続人が貸主、つまり地主としての地位を継承します。
この場合も借りている側の場合と同様に丸々権利義務関係が引き継がれますので、とくに契約の中身に変更が加わるようなことはありません。


以上のことから、借地権は相続が可能、相続財産として相続税の課税対象になる、新たな書類の取り交わしや費用は発生しないということがおわかりいただけたのではないでしょうか。
当サイトではここで取り上げた基本的な情報以外にも、借地権の相続評価額がいかにして計算されるのか、権利を売却することはできるのか、相続にあたってとくに気をつけるべきことはあるのか解説します。
借地権に関する理解を深めるための一助となれば幸いです。


○特選サイト
実際に借地権が相続できるかできないかなどを相談出来るサイトです・・・借地権相談サイト